■ 人気ファッションディレクター干場義雅さんの著書『究極の私服』にて、ご紹介いただきました

干場義雅さん


2017.10.10

テレビやラジオなどのメディアで活躍され、『FORZA STYLE』の編集長を務める人気ファッションディレクター・干場義雅さんが「大人カジュアル」を提案する著書『究極の私服』にて、私たちのシャツを紹介してくださいました。

大人のカジュアルとは、やり過ぎないことと、さり気ないことが理想。そう語る干場さんは、揃えておくべき男の基本アイテムの1つに「白シャツ」を挙げられています。そして、ファッションに長年携わる中で行きついた、おすすめのブランドとして1953年設立のナポリ発のシャツメーカー「マリア・サンタンジェロ」などのブランドと一緒に、INDUSTYLE TOKYOのシャツを、驚くほど着心地がよい1枚として紹介してくださいました。

「流行に左右されるファッションではなく、一人一人に合ったスタイル(型)を提案したい」という想いで、シャツやジャケットだけでなく、身嗜みに通じる爪のケアや歯磨き粉の話にまでふれられている『究極の私服』。ぜひお手に取ってみてください。



■ テレビ番組『出没!アド街ック天国』で、私たちの動体裁断シャツが紹介されました

TOKYO MX

2017.05.13

テレビ東京系の情報番組『出没!アド街ック天国』にて、両国を明治から繊維街として発展し、今も高い技術を守り続けている場所と紹介される中で、私たちの動体裁断シャツをご紹介いただきました。

VTRでは、両国駅のINDUSTYLE本社1階直営店の様子を映しながら、「動体裁断技術」の特徴や宇宙飛行士・山崎直子さんが、宇宙滞在中に着用されたポロシャツを私たちが制作したこと等が紹介されました。
スタジオでのトークでは、実際に動体裁断シャツを着て下さっていた峰竜太さんがシャツ姿になり、タックインして腕を上げてもパンツから裾が飛び出ない様子を実演してくださいました。また、山田五郎さんは、ニット生地なのでノーアイロンでも着られる、とコメントしてくださいました。


■ テレビ番組『ぶらり途中下車の旅』で、本社1階直営店に立ち寄っていただきました

TOKYO MX

2017.04.22

日本テレビの『ぶらり途中下車の旅』にて、大江戸線・両国駅のINDUSTYLE本社1階直営店に立ち寄っていただきました。


〈番組予定放送時間〉


・関東圏(日本テレビ)・宮城県(ミヤギテレビ)・静岡県(静岡第一テレビ)

4月22日(土)朝9:25~
※民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」にて、
4月29日(土)9:24までご覧いただけます。


・岐阜県(中京テレビ)・愛知県(中京テレビ)・三重県(中京テレビ)
5月5日(金)朝4:00~

・兵庫県(サンテレビ)
5月6日(土)19:00~


■ TOKYO MX NEWS 『Evening Live』にて、注目のファクトリーとしてご紹介いただきました

TOKYO MX


2016.07.01

TOKYO MX NEWS 『Evening Live』にて、注目のファクトリーとしてご紹介いただきました。

キャスターの村上幸司様から「僕は一度お仕事で着用した時に、今までに無い着心地からこちらの商品の虜になり、今日も着用させて頂いてます!こちらの商品の凄いところは、動いてもYシャツがパンツ(ズボン)から出ない事です!この着心地を是非体感してみてください!」と、コメントをいただいています。

左の写真は、放送当日に本社1階直営店にて撮影させていただきました。村上さん、ありがとうございました。




■ NIKKEI DESIGN 2016年7月号『特集 中小企業にデザインの力を!』にて、ご紹介いただきました

NIKKEI DESIGN


2016.06.24

デザインの力で新たな価値を生み出している企業を紹介する雑誌『NIKKEI DESIGN』にて、私の取り組みをご紹介いただきました。

「インダスタイルのデザインは、文字通り『新しい体験のデザイン』と言っていい。…着て初めて分かる着心地をデザインしたら、着た人みんなが笑顔になったと話していたのが、老舗の自負と矜持が感じられ印象的だった」と、コメントをいただきました。



■ テレビやラジオ多数出演中のファッションディレクター干場義雅さんの著書『お洒落の本質』にて、ご紹介いただきました

干場義雅さん


2016.04.21

テレビやラジオに多数出演し、雑誌編集長も務めるなど様々なメディアで活躍されている人気ファッションディレクター干場義雅さんが、初の著書『お洒落の本質』にて、私たちのシャツをご紹介してくださいました。

東京で3代続くテーラーの息子として、幼少期からファッションの本質に自然にふれてきた干場さん。初の著書となる本作では、流行を追うのではなく、世界のどこでも恥ずかしくない、本質的にカッコいいスタイルについて提案なさっています。

じつは昔から私たちのシャツを気に入ってくださっており、このたびお気に入りの靴などと一緒に紹介してくださいました。ファッションに詳しい方も、詳しくない方も楽しんで読める1冊だと思います。ぜひお手にとってみてください。



■ 情報番組ワールドビジネスサテライト『技あり!ニッポンの底力』にて、特集されました

「ここに技あり!」のナレーションでお馴染みの、情報番組ワールドビジネスサテライト『技あり!ニッポンの底力』にて、丸和繊維工業のシャツが特集されました。“ニットの伸縮に合わせ指で力を調整し縫製しており、日本の職人の技が詰め込まれているシャツ”とご紹介いただき、スタジオでも出演者の方々が着用してくださいました。


■ 日経新聞にて、ファッション業界で日本製が注目されている事例として取り上げて頂きました

2015.10.30

日経新聞にて、ファッション業界で日本製品に対する評価が高まっていることを取材した記事のなかで、第1の事例として丸和繊維工業のインダスタイル トウキョウを取り上げて頂きました。

「相撲の聖地、東京・両国国技館近く。清澄通り沿いにある1軒の洋服店に鹿児島県、徳島県といった遠方から買い物客が次々と訪れる。」「同ブランドのワイシャツは体にフィットするのに、腕を上げたり肩を回したりしても引きつらない。大きく背伸びをすると、一般のシャツは裾がスーツのパンツからはみ出て、だらしない印象になりがちだ。ところがインダスタイルの商品は腕を上げても裾がほとんど上がらない不思議なシャツなのだ。」と、ご紹介頂いております。



■ 『KURUMAG.』2015 Autumn にて、「ドライビングを存分に楽しめる」と、ご紹介いただきました

KURUMAG


2015.10.02

カーライフが楽しくなる、コト、モノ、ヒトを紹介する『KURUMAG.クルマグ』。ファッションコーナーで、「ドライビングを存分に楽しめる動体裁断技術を採用したドレスシャツ」として、ご紹介いただきました。

「運転することがこれほど楽しくなるシャツが今までにあっただろうか?」「ステアリングを回す身体の動きを妨げることは一切ない」「シャツに腕を通しただけで、おもわず笑みがこぼれる気持ちよさ。一度体験してしまうと誰もが病みつきになるはずだ」など、嬉しいコメントをいただいております。

※掲載商品はこちら

ヘリンボーン ワイドカラー>>



■ 奄美大島笠利町在住の2人組音楽ユニット“カサリンチュ”のタツヒロさんに、ブログでご紹介いただきました

2015.06.03

奄美大島在住で兼業アーティストとして活動を続ける二人組ユニット・カサリンチュ。人気TVアニメ『宇宙兄弟』のエンディングテーマを担当するなど、ゆったりと優しく包み込んでくれるような歌声は、老若男女問わず、幅広い世代に愛されています。

先日、カサリンチュのお二人が私たちの本社に取材に来てくださったのですが、その時のことをタツヒロさんがブログに書いてくださいました。動体裁断の着心地を気に入ってくださって、本当に嬉しいです。カサリンチュさんの新曲『故郷(ふるさと)』は、ご自身の体験をもとに、故郷の愛おしいさを歌ったもの。やさしい歌声、昔を思い出させてくれる歌詞、聴き入ってしまいます。何回聴いても、そのたびに温かくて、やさしい気持ちになりました。皆さんも、ぜひ聴いてみてくださいね。



■ 人気コピーライター糸井重里さんが運営する『ほぼ日刊イトイ新聞』の連載「白シャツをめぐる旅。」にて、ご紹介いただきました

2015.05.21

ププッと笑ってしまう小話、心がホッと温まるエッセイ、だらーんと昼寝をする愛犬の写真などなど、、、。人気コピーライター糸井重里さんが運営するウェブサイト『ほぼ日刊イトイ新聞』には、読んでいるとホッコリやさしい気持ちになるコンテンツが沢山。

そのなかの連載「白シャツをめぐる旅。」にて、私たちのシャツを取り上げて頂きました。 お題は、ほぼ日スタッフの皆さんが、自分に似合う白シャツを探し求めて百貨店に駆け込むというもの。一人ずつお気に入りのシャツを選んでいくなか、経理担当の方が、「もっと動きやすいシャツがほしい…」と、私たちのシャツに袖を通してくださり、「ラクです!これすごいですね」とコメントをくださいました。

記事のなかで、「きちんと見えて、動きやすいシャツがほしい」と仰っていましたので、私たちのシャツを気に入ってくださっていたら嬉しいです。



■ 日本を代表するリーダーが集まる『賢者の選択リーダーズ倶楽部』にて、ご紹介いただきました

2015.05.21

きっちり見えるスーツスタイルでも、シャツはカラダにやさしいように―。そんな気持ちでシャツを1枚1枚仕立てております。先日、帝国ホテル東京にて開かれた、日本を代表するリーダーが集まる『賢者の選択リーダーズ倶楽部』にお誘い頂き、私たちのシャツを紹介させていただきました。



■ “OMOTENASHI SELECTION(おもてなしセレクション)”金賞を受賞いたしました

2015.2.5

日本独自の精神である“おもてなし”の心から生まれた魅力ある商品・サービスを全国から募集・発掘し、 世界へ発信するプロジェクト“OMOTENASHI SELECTION(おもてなしセレクション)”。

このプロジェクトでは日本人・外国人選定員により選抜がおこなわれ、全国で47プロジェクトが受賞、さらにその中でもより評価の高かった13プロジェクトが金賞を受賞いたしました。

INDUSTYLE TOKYOは、「伝承の技を磨きながら、明日を想う気持ちを”以て”、人を潜在的なストレスから開放し、究極の心地よさを“為す“」シャツとコメントをいただき、 おかげ様で、金賞を受賞いたしました。

これからも、やさしくて着心地の良い服作りを、丁寧にこつこつと続けていきたいと思います。


■ 『mono モノ・マガジン』2015年1月2月合併号「日本の傑作品」特集にて、ご紹介いただきました

mono モノ・マガジン 2015年1月2月合併号


2014.12.16

毎号さまざまな切り口でこだわりの逸品を紹介している『mono モノ・マガジン』。今号は、「普通の物とは違う特別に良いもの」を集めた「日本の傑作品」特集。すみだの本社まで取材に来ていただき、裁断・縫製へのこだわりや、実際に縫製している姿をご覧いただきました。

“Made in すみだの優れモノたち”として、「バンザイすると違いがわかる」「腕を上げても裾位置があまり変わらず引きつれることがない」とコメントをいただきました。

※掲載商品はこちら

・ニットドレスシャツ(ストライプ)>>
・ニットドレスシャツ(鹿の子)>>



■ 『Discover Japan』2015年1月号「目利きが選ぶ日用品。」にて、ご紹介いただきました

DiscoverJapan 2015年1月号


2014.12.11

ニッポンの良品を厳選して紹介する『DiscoverJapan』の“目利きが選ぶ日用品”特集にて、インダスタイルのシャツをご紹介いただきました。

“使うほどに愛着が増す、ニッポンの日用名品”として、「一度袖を通せば、そのフィット感に驚く」とコメントをいただきました。



■ 俳優・小泉孝太郎さんにご着用いただきました


 <2014.09.15>

テレビドラマ『ペテロの葬列』にて、主役の小泉孝太郎さんに「ヘリンボーン」をご着用いただきました。

ヘリンボーン ワイドカラーはこちらから>>



■ 人気No1のモノ雑誌『MonoMax』にて、「ストレスなく、スムーズに動ける!」とご紹介いただきました

MonoMax2014年5月号


2014.04.10

ファッションから家電まで、幅広くさらに深くこだわりのモノを紹介する『MonoMax』。「見た目以上に、機能的!最先端ウエア使用レポート」コーナーにて、インダスタイルのシャツをご紹介いただきました。

もたつかない、突っ張らない「可動性」というキーワードで、「パッと見は一般的だが、これで空気のような着心地を実現していると聞けば、食指が動かないはずがない。」とコメントをいただいています。

ヘリンボーンシャツはこちらから>>



■ ファッション誌『Gainer』にて、“清潔感を左右する機能性シャツが、初夏の出張に欠かせない”とご紹介いただきました


2014.04.10

清潔感のあるビジネススタイルに定評があるファッション誌『Gainer』。今月号は、「旅する気持ちの初夏スタイル」特集。

INDUSTYLEのシャツは、“機能性シャツ”コーナーにて、「不快な蒸れを解消する吸汗速乾シャツこそ新常識」としてご紹介いただきました。「宇宙船内作業着に使われた動体裁断により着心地も◎」とコメントをいただいております。




■ 詩書家 春流・破留(ハル)さんが、ドイツで書道パフォーマンスを披露しました


2014.04.03

手書きのぬくもり、シンプルな墨で表現する『想い』を大切に、書道パフォーマンスなど行なう詩書家 春流・破留(ハル)さん。

「筆先に神経を集中するためには、身体の動きを妨げることなく、腕を動かしてもストレスのない衣装が欠かせない」と、4年ほど前から、私たちINDUSTYLE TOKYOの動体裁断シャツを愛用してくださっています。


詳しくはこちらから>>


■ 『GetNavi』 3月号にて、徳井義実さんにご着用いただきました

『GetNavi』 2014年3月号


2014.01.24

快適ライフスタイツをナビゲートする旬情報満載マガジン『Getnavi』。本誌にて連載を持つ、チュートリアル・徳井義実さんが、誌面にてINDUSTYLE TOKYOの動体裁断シャツをご着用されています。

“家電芸人”と呼ばれるほど、家電を偏愛する徳井さん。“勝手に”名品家電の開発ストーリーを作る連載「妄想プロジェクトX」にて、カメラ内蔵冷蔵庫の開発ストーリーを、妄想で語っていらっしゃいます。誌面では、ヘリンボーン柄ホワイトのワイドスプレッドカラーを、タックアウトしてカジュアルに着こなしていただきました。

ヘリンボーンシャツはこちらから>>


■ トップクリエーターの発想の種を探るテレビ番組「TOKYO DESIGNERS WEEK.tv」 にて、動体裁断シャツをご紹介いただきました

TOKYO DESIGNERS WEEK.tv


2014.01.20

脳科学者・茂木健一郎さんをMCに、トップクリエーターのアイデアの種を探る番組「TOKYO DESIGNERS WEEK.tv」にて、動体裁断シャツをご紹介いただきました。

デザイナーや建築家、音楽プロデューサーなど、ジャンルを問わず、日本のクリエイティブシーンを牽引する人物に迫る本番組。アートに造詣の深い茂木健一郎さんと、斬新なアートワークで知られるアーティスト清川あさみさん、2人のMCが今注目すべき作品をピックアップして、発想の種を探っています。

こちらの番組にて、日本発の技術・動体裁断が特集されました。



■ 「目利きが選ぶ メイド・イン・ニッポン」特集 にて、「最高の着心地を与えてくれるシャツ」としてご紹介いただきました

『Discover Japan DESIGN』

 

“日本の魅力、再発見”をテーマに、日本の隠れた魅力にスポットライトを当てて紹介している、ライフスタイル誌『Discover Japan DESIGN』。

第3号となる最新号は、「目利きが選ぶ メイド・イン・ニッポン」特集。木の器、硝子ケース、コーヒーミルなど、毎日の暮らしを楽しくしてくれる日本の日用品を集めた本特集にて、INDUSTYLE TOKYOの動体裁断シャツをご紹介いただきました。

「オーダーメイドでつくるシャツよりも快適で、一度袖を通すと、あまりの着心地の良さに手放したくなくなるほど」とコメントをいただています。


■ 全国百貨店のバイヤーが選ぶ 「百貨店バイヤーズ賞」話題賞 を受賞いたしました

百貨店バイヤーズ賞

 

繊研新聞社は、ファッションビジネスに関するすべての情報を総合的に編集し、ビジネス流通専門紙である繊研新聞を発行しています。

同社が選定する「百貨店バイヤーズ賞」は、全国有力百貨店バイヤーの方々にアンケートを行ない、多くのお客様に知ってほしいブランドを選定するファッション業界注目の賞となります。

INDUSTYLE TOKYOは、世界で初めて、立体裁断より進化した動体裁断技術をドレスシャツに取り入れたことを評価いただき、“話題賞”を受賞いたしました。



 「男の背中をシャープに見せてくれるシャツ」として、ファッション誌『Gainer』2013年11月号に紹介されました

『Gainer』

 

俳優・伊勢谷友介さんが表紙を飾る『Gainer』11月号にて、“男の背中をシャープかつ引き締まって見せてくれる”シャツとして、INDUSTYLE TOKYOのシャツをご紹介頂きました。

皮膚を分析して作られた動体裁断のドレスシャツは、「運動性がアップし、肩まわりの動きはノンストレス」「ボディラインもとても美しく見える」とスタイリストの方からコメントを頂いています。



 「体にいいシャツ」として、mono特別編集『モノすごい 高くても売れてるモノ』 に紹介されました

モノマガジン

 

的確なコメントで評判のmono編集部。

「値段が高くても景気に左右されず、いつの時代も売れ続けてきたいいモノばかりをたくさん集めてみました。」という挨拶で始まる特別号『モノすごい 高くても売れてるモノ』に、INDUSTYLE TOKYOの動体裁断シャツが掲載されました。

「このシャツは、腕から脇にかけての身体の伸びに生地がしっかりとついてきて、腕まわりが引きつれる感覚がまったくない。この着心地は一度体験したら手放せないリピーター続出のシャツなのだ。」とコメントをいただきました。



 その他のファッション誌掲載情報

日経スタイルマガジン
Begin「測って比べる選手権」
LOADED
AERA STYLE MAGAZINE
日経スタイルマガジン シャツ Begin ビギン シャツ LOADED ローディッド シャツ AERA アエラ シャツ
「抜群のフィット感で、オンとオフの兼用ができるシャツは、これからのシャツ選びの基準を変えるかもしれない。」 とご紹介いただきました。 「本当に裾が出ないのか着用して何度も試しましたが、元気玉のポーズをとろうがまったく出ませんでした。」 とご紹介頂きました。 「素材へのこだわりがまぶしい。」 とご紹介頂きました。 「ニットシャツの着心地は未体験ゾーン。一度、袖を通せば、目からウロコが落ちる思いを抱くだろう。」 とご紹介頂きました。