【ずばり、ジャケパン。】社会人のビジネスカジュアル基本ガイド&アイテム選びのコツ

時は令和。

オフィスのドレスコードも幅広くなるなかで、勢力を伸ばしているのが “ビジネスカジュアル”

「転職先で『スーツじゃなくてビジネスカジュアルでいいですよ』と言われた…」
「会社の偉い人たちが『来年からうちもビジネスカジュアルってやつかね』と言っている…」
「就活はスーツだと思っていたのに、面接前にビジネスカジュアルを指定された…」

などなど、多くの人の悩みの種になってしまっているようです。

実は僕自身、社会人になったときにはビジカジと右ひじの区別すらついていなかったほどで、毎朝コーデに悩まされていました…。

しかし、紳士服やバッグを販売している職場で先輩たちからのアドバイスを浴びつづけ、今では一人前のビジネスカジュアルマスターに。
ちょっとしたコツをつかんだことで毎朝のコーディネートも楽しめるようになり、いまではオフィス街を堂々と闊歩しております。

そこで、今回はそんなビジカジマスター・北野が、

そもそもビジネスカジュアルって何? ずばりどういうコーデなの?
「これさえおさえておけばいい!」というコーデの基本ルールは?

という疑問から、それぞれのアイテム選びのコツやおすすめブランド・ショップまで徹底解説します。

ビジネスカジュアルと共にあらんことを。

“ビジネスカジュアル”って、どういうこと?

まずはじめに、“ビジネスカジュアル”とはいったいなんなのか、ということから確認していきましょう。

基準は、「社外の人と会うのにふさわしい服装かどうか」

“ビジネスカジュアル”の基準は、『社外の人と会うのにふさわしい服装かどうか』

要するに、『スーツスタイルほどかしこまらなくていいけど、よその人と会っても恥ずかしくないコーデでいてね』ということです。

オフィスによっては「ジーンズはダメ」「ネクタイ必須」など、具体的な規定がある場合もありますが、
それらも基本的には『社外の人と会うのにふさわしいかどうか』が基準となっています。

“オフィスカジュアル”は、もう一段カジュアル

ビジネスカジュアルとよく迷うのが、オフィスカジュアルという言葉。

こちらの基準は、『社内でデスクワークをするのにふさわしい服装かどうか』になります。

全体として、ビジネスカジュアルよりさらにもう一段カジュアルなコーディネートになっています。

ただし、やたらめったらカジュアルにしてもいいわけではなく、社会人としての清潔感は保っていることがポイントですね。

また、ふだんオフィスカジュアルで出勤していい職場であっても、
社外の人と会う用事のある日にはネクタイなどをプラスして、ビジネスカジュアル寄りのコーディネートにするのがおすすめです。

ビジネスカジュアルの正解コーデは、ずばりジャケパン!

『社外の人と会うのにふさわしい服装』。

——たしかに分かりやすい表現ではあるのですが、忙しい朝の時間を節約するためにも、もっとストレートな正解が欲しいところ。

僕がビジネスカジュアル初心者だったときも、同じことで悩まされていました。
そんなあるとき、先輩がこっそり耳打ちしてくれたのです…

ビジネスカジュアルにはひとつの正解がある、と。

初心者でも簡単! 最強のジャケパンコーデ

それでは、正解発表といきましょう。

『社外の人と会うのにふさわしい服装』…それはずばり、ジャケパンスタイルのことです。

ジャケパンスタイルとは、テーラードジャケットにスラックスやチノパンを合わせたコーディネートのこと。

上下のセットアップで販売されていることの多いスーツスタイルと違って、ジャケットとパンツはそれぞれ単体。

そのため、上下で色や柄のバリエーションが出しやすく、カジュアルかつビジネスの場にふさわしいスタイルとなっているのです。

ジャケパンが正解になる3つの理由

ビジネスカジュアルにおいて、どうしてジャケパンスタイルが正解とされているのか。

それには3つの理由があります。

どこの職場でも確実にOK

ひと口にビジネスカジュアルといっても、実際は職場ごとにOK・NGのラインは違います。
デニムやTシャツまでOKな職場があったり、ネクタイは必須という職場があったり…。

しかし、どこの職場であっても「ビジネスカジュアル」といわれたらジャケパンスタイルは確実にOK

ジャケパンスタイルは、いわばスーツスタイルをそのままカジュアルにしたもの
心知れたようなビジネスシーンでは、堅苦しいスーツよりもむしろふさわしい場合もあるのです。

職場によって、ネクタイが必須という場合はネクタイありのジャケパンコーデ、デニムやTシャツまで許されている場合でも、
まずはジャケパンスタイルで様子を見るのがよいでしょう。

ジャケットもパンツも、同じものを通年で使ってもOK

「これだけ持っていれば大丈夫」というのは、毎日の通勤にはうれしいポイント。

テーラードジャケットやスラックス、チノパンは、同じものを通年で使うことができます。
また、普段着と比べると縫い合わせや生地にきちんと感があるため、定期的なクリーニングやケアをしていれば何年も使いつづけられるものになっているのです。

もちろん、何着も持って日替わりで楽しむこともできますし、シーズンごとに素材を変えて温度調節をすることもできます。
上下の組み合わせが決まっているわけではないので、自分なりのパターンを楽しめるのも魅力ですね。

基本ルールをおさえるだけで誰でも上品&おしゃれに

ジャケットとパンツ別々に考えなければいけないといっても、サイズ感や鉄板カラーだけおさえれば、悩むポイントはもうありません。

「基本さえおさえれば簡単」というのも、社会人にとっては万々歳ですよね。

もちろん、『ビジネスカジュアル=ジャケパン』というわけではありませんが、ジャケパンをマスターすればビジネスカジュアルスタイルはバッチリです。

ジャケパンのスターターキットはこれ!

【ずばり、ジャケパン。】社会人のビジネスカジュアル基本ガイド&アイテム選びのコツ。【ジャケパンスタイルの特徴①】グレーorネイビーのジャケットと「チノパン」などのスラックスとを合わせること。【ジャケパンスタイルの特徴②】ノーネクタイでもドレス感が出るボタンダウンの襟(えり)型シャツ。【ジャケパンスタイルの特徴③】ベルトは勿論忘れずに。【ジャケパンスタイルの特徴②】靴については、革靴スニーカーやレザースニーカーがおすすめ。選ぶときのポイントはつま先に行くほどシュッと細くなっているタイプ(=シルエットが革靴に似ている)

ジャケパンスタイルの基本セットは、

テーラードジャケット、スラックスorチノパン、シャツ、靴、ベルト。

これらを揃えて、このあと紹介する基本ルールさえおさえてしまえば、立派なビジネスカジュアルが完成します。

記事の後半では、アイテムごとの選び方のコツも解説しているので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。

アイテム別選び方のコツを今すぐ見る ≫

これさえおさえればOK! ジャケパンスタイルの基本ルールとNG

それでは、必ずおさえたいビジネスカジュアルの基本ルールを解説します。

「これさえおさえていればOK!」という内容になっていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。
あわせて「こりゃいかん…」と思われてしまうNG例もご紹介しますので、そちらも要チェックです!

必ずおさえたい、ビジネスカジュアルの基本ルールは……【その1】肩幅・もも周りは最初に必ずチェック!【その2】鉄板カラーはネイビー&グレー【その3】ノーネクタイでもシャツは襟(えり)付き。

【基本①】必ずチェックしたい肩幅・もも周り

ジャケットとパンツそれぞれでまず最初にチェックしたいのが、

スーツと違ってテーラードジャケットには肩パッドがありません。
そのため、肩幅より狭すぎるものを選んでしまうと窮屈な印象になったり、反対に広すぎるものを選ぶとだらしなく見られてしまいます。

パンツも同じで、自分のもも周りに合っていないものを選んでしまうと、パツパツになったりダボダボになったり、いずれにせよ全体のスタイルが悪く見えてしまうのです。

ジャケットとパンツ、それぞれの幅は、

  1. テーラードジャケットは肩幅にジャストフィットするものを選ぶ
  2. パンツはもも周りに1.5cmほど余裕があるものを選ぶ

ということを意識するのがポイントとなります。

もちろん、ジャケットやパンツをわざとダボつかせたりピチピチに着たりするのもファッションのひとつですが、
ビジネスの場では別のポイントで個性を発揮するようにしましょう!

【基本②】全身で2トーンまで! 基本かつ鉄板のネイビー&グレー

せっかくカジュアルでいいといわれているんだから、配色もカジュアルにしたい!
…と思うのは当然ですが、あれもこれも、はNG。

色の数が多かったり派手すぎたりすると、チャラついて見えてしまうことや、むしろダサいと思われてしまうことも。

ビジネスの場では、

  1. 色のトーンは全身で2つまで
  2. 鉄板のネイビーやグレーを取り入れる

というのが基本ルールになります。

ネイビーやグレーは落ち着いて見え、ビジネスに最適な鉄板カラー

それぞれ1色でコーディネートをまとめるのもいいですし、

同じく基本カラーであるベージュも取り入れて、2色でコーディネートしてみるのもアリです。

【基本③】シャツももちろん忘れずに! 最初は襟付きが正解

ジャケットやネクタイのありなしはありますが、シャツは必ず着なければならないものです。

ビジネス向けといえば、間違いないのが襟付きシャツ。

最初は、襟がしっかり自立したワイシャツやドレスシャツを選びましょう。

ビジネスカジュアルというとポロシャツもOKな職場もありますが、いきなりポロシャツで行くのはキケン。
まずは襟付きシャツで様子を見て、職場の雰囲気に合わせてポロシャツも着てみるといいかもしれません。
(僕も、昨年の夏、ついにポロシャツ通勤を果たしました…!)

キッチリ感を保ちつつ、涼しさや肌触りの良さ、“定番感”が楽しめるポロシャツもオススメですよ。
キッチリ感を保ちつつ、涼しさや肌触りの良さ、“定番感”が楽しめるポロシャツもオススメですよ。
ちなみに、ポロシャツについて詳しく知りたい場合は、「ポロシャツ専用記事」をご用意していますので、 ぜひご覧くださいませ!>>

【NG】ホワイト、アンクルソックス、…いきなり雑誌のマネはキケン!

基本ルールの最後に…、NG集をご紹介します。

「爽やかそう…!」というだけでホワイトを選ぶのはNG

男性誌などでもよく取り上げられているのが、パンツやソックスにホワイトを取り入れたコーディネート。

爽やか~。

ところがビジネスの場では、ホワイトはNGとなっております。チャラついた印象を与えてしまうおそれがあったり、爽やかなようでむしろオジサン化してしまったり…。雑誌のようにはいきません…。

同じく、鮮やかな原色系やパステルカラーも避けるようにしましょう。

見せていいのは顔と手だけ! アンクルソックスもNG

ハリウッド俳優の方なんかがやっていると、「イカす…!」と思うアンクルソックス。

こちらも、ビジネスシーンではNGです。カジュアルといっても、見せていいのは基本的に顔と手だけ。

ソックスはすねを下から20センチ覆えるものを選びましょう

+αで知っておきたい! シーズン別ビジネスカジュアル応用編

ビジネスカジュアルは基本ルールをおさえただけでも十分楽しむことができます。
しかし、せっかく「カジュアル」という言葉が付いているんだから、慣れてきたら少しおしゃれもしてみたいものですよね。

そこで次は、シーズン別のビジネスカジュアル応用編をご紹介します。

ジャケパンスタイルにちょっとプラスしたり、逆にちょっとマイナスしてみるだけで、シーズンに合ったコーディネートを楽しむことができますよ。

【春】だんだん暖かくなる時期には、麻・リネン生地がぴったり

日差しのやわらかな春には、麻やリネン生地のテーラードジャケットがぴったり。
肌ざわりや風通しがよく、自然な風合いを楽しむことができます。

胸元にポケットチーフを入れたり、ネクタイをする場合でも明るめのブルーを取り入れてみたりすると、爽やかさもアップしますね。

【夏】日差しの下では、クールビズスタイルも

暑くなってくると、「ジャケットなんて着ていられない!」という日もあります。
7月~9月には、ジャケットなしのクールビズスタイルを採用している会社も多いかもしれませんね。

ジャケットなしの場合気を付けたいのが、シャツの襟がきちんと立っていること
襟が倒れているとだらしない印象になってしまいます。

首元の印象をきちっと決めたいときにおすすめなのが、ボタンダウンシャツ

パンツはスラックス&靴は革靴、と、きちっと感のあるアイテムでコーディネートすると品良くまとめることができますよ。

【秋】ベストやカーディガンのあとは、ツイード地の重厚感を楽しむ

まだ夏の暑さが粘り強く残っている9月後半や10月には、ベストやカーディガンを羽織るのが吉
サイズはジャストフィット、カラーは鉄板のネイビーorグレーがおすすめです。

11月にもなると一気に涼しくなってきますね。そこで登場させたいのが、ウールやツイード地のジャケットです。

【ずばり、ジャケパン。】社会人のビジネスカジュアル基本ガイド&アイテム選びのコツ
↑ウールって、こんな感じです。暖かそう!

ウールやツイードは保温性に優れているため、秋口から冬場にかけての寒さ対策には大活躍
濃い目の1枚を選べば、季節感も出るのでおすすめです。

【冬】ジャケットの上にはコート、下にはベスト

いよいよ寒さも本番。ウールのジャケットには続投してもらいましょう。

通勤にはアウターも必須になります。
ダウンパーカーなどちょっとカジュアル寄りのアイテムでももちろん大丈夫ですが、
特に外回りがある方におすすめなのはチェスターコート

もも上くらいまで長さがあるものだと、全身のシルエットが上品に決まります

さらに、秋口に着ていたベストをジャケットの下にプラスするのもアリです。

ジャケットの上からコートを羽織って、下にもインナーベストを着ることができるのは、ビジネスカジュアルならではのコーディネート。
まさに鉄壁の防寒スタイル。ただし、全体的に落ち着いたトーンで統一するようにしましょう。

ジャケットは? パンツは? アイテム別選び方のコツ

次に、アイテム別に選び方のコツをご紹介していきます

それぞれいくつかのポイントをおさえるだけで、あっという間に立派なビジネスカジュアルスタイルが完成しますよ。

ジャケット選びのコツ:まずは肩幅!

ジャケット選びで、必ずチェックしたいのは以下の3点。

  1. 【サイズ】肩幅はバッチリ合わせたい! 他の寸法は最悪、後で丈詰め可
  2. 【袖丈】腕をまっすぐ下ろしたときに手の甲が隠れないくらい
  3. 【素材】春夏には麻・リネン、秋冬にはウール・ツイードがおすすめ

1つずつ解説していきますね。

ジャケパンスタイルの基本ルールにもありましたが、ジャケットはなんといってもまず肩幅から合わせるようにしましょう。

ジャケットの肩幅は、「肩の骨の一番出っ張った部分」にジャケット袖の付け根があたるのが理想のサイズ感です。一方の袖丈は、腕を真っすぐおろした時に、手の甲が隠れないくらいを目安にしましょう。このとき、ジャケットの袖口から「シャツの袖口」が1.5cmほど見えているのがベストな相性です。

目安は肩の骨。肩の骨の一番出っ張っている部分に、袖の付け根がピッタリ重なっていればOKです。

袖丈は、腕をまっすぐ下ろしたときに手の甲が隠れないくらいが目安です。

パンツ選びのコツ:もも周りは「1.5cmつまめる」がポイント!

スラックス選びで、必ずチェックしたいのは以下の5点。

  1. 【種類】スラックスかチノパン。デニムはビジネスの場では基本NG!
  2. 【サイズ】もも周りは「1.5cmつまめる」がポイント
  3. 【ウエスト】ベルトなしで手のひらがひとつ入るくらい
  4. 【裾丈】靴の上にすっぽり被さるくらい
  5. 【色】ジャケットと合う色を選びたい。間違いないのはグレーです

1つずつ解説していきますね。

パンツを選ぶとき、もも周りとウエストと裾丈は要チェックです。

パンツを選ぶときは、膝を曲げたとき(=座っている姿勢)で、1.5cmほど生地を指でつまめるのが、ほどよいサイズ感。あまりパツパツになってしまわないようにしましょう。

もも周りは、生地をつまんだときに1.5cmほど無理なくつまめることが目安になります。
それより細くても太くてもスタイルが悪く見えてしまうので注意です。

パンツの「腰回りサイズ」を選ぶときの目安が、ベルト無しでパンツをはいたとき、手のひらを挿し込める程度です。また、パンツの「丈」をきめるときが、立った姿勢でパンツの裾が靴にふれており、その状態で「生地のたゆみが1つ」できる程度。

ウエストは、「ベルトなしで履いたときに手のひらがひとつ入る」

裾丈は、「靴の上にすっぽり被さるくらい」が目安となります。

上下セットアップのスーツと違って、悩みどころになるのがパンツの色。
基準は、ジャケットと合わせても浮かないこと。グレーはまず間違いありません
夏場には爽やかなベージュを取り入れるのも定番のコーディネートです。

シャツ選びのコツ:首周りには「指3本分」のゆとり

シャツ選びで、必ずチェックしたいのは以下の3点。

  1. 襟付きシャツがオススメ
  2. 首周りは「指3本分」のゆとり
  3. 無地のホワイトやブルーが正解ですが、細めのストライプ柄も◎

1つずつ解説していきますね。

ジャケパンスタイルの基本ルールにもありますが、襟付きシャツがおすすめです。
襟をかっこよく決めたいのであれば、ボタンダウンシャツを着るようにしましょう。

選ぶときは、首周りと袖丈をチェック。

スーツスタイルよりゆるめのシャツを着てもいいのですが、
首周りは第1ボタンまでしめたときに指3本分くらいのゆとりができるくらいのものにしておくとよいでしょう。

袖丈の基準は、腕をまっすぐ下ろしたときに手の甲が隠れないくらい。ジャケットと同じでかまいません。
色は無地のホワイトや無地のホワイトやブルーが正解ですが、細めのストライプ柄を取り入れるとちょっとおしゃれになりますよ。

ネクタイ、靴、バッグはスーツスタイルとの併用OK+“ならでは”のチョイスも!

ネクタイや靴などの小物を選ぶときのチェックポイントは……

  1. ネクタイ、靴、バッグはスーツスタイルとの併用OK
  2. ネクタイはネイビーが基本。レジメンタルやドット柄も。ニットタイも○
  3. 靴のおすすめは、革靴スニーカー&レザースニーカー
  4. バッグはブリーフケース以外にもトートバッグやリュックもOK

……といったところ。
基本的に、ビジカジスタイルに合わせる小物やアイテムは、スーツスタイルで使っている物をそのまま使って大丈夫

そこにプラスして、ビジネスカジュアルならではのチョイスもおすすめですよ。

ネクタイは柄物やニットタイまでOK

ネクタイは、鉄板カラーのネイビーが基本になりますが、レジメンタルやドット柄など、柄物を取り入れるとあか抜けた印象になります。

スーツスタイルではNGだったニットタイも、ビジネスカジュアルなら爽やかでいいですよ。

靴のおすすめは、革靴スニーカー&レザースニーカー

革靴スニーカーは、見た目では革靴そのものにしか見えないのに実はスニーカー、という履き心地の良さが魅力

レザースニーカーも、高級感のあるものであればオススメですよ。

「革靴スニーカー」について詳しく知りたい場合は、「革靴スニーカー専用記事」など参考にしてみてくださいね!>>

同じく「ビジネススニーカー」の専用記事もございます。よろしければコチラからどうぞ。>>

トートバッグやリュックもOKな通勤バッグ

スーツスタイルに合わせる通勤バッグといえば、ブリーフケースが定番。
しかし、ビジネスカジュアルスタイルには、トートバッグやリュックなど幅広いバッグを合わせることができます。

高級感も出したいのであれば、本革のアイテムがおすすめ。革ならではの香りやシボ感が、大人な雰囲気を演出してくれますよ。

「ビジネスバッグ」について集中的にチェックしたい方は、ビジネスバッグ専用記事をご覧くださいませ。>>

あとがき

以上、ビジネスカジュアルの基本ガイドとアイテム選びのコツでした。
ここまで読んでくださった方なら、立派なビジネスカジュアルの使い手になられているはず。
明日からぜひ、オフィス街を堂々と闊歩してください。

『紳士のシャツ』編集部の北野でした。
それでは、また会う日まで。